Success In Business

原因を詳解!トイレ詰まりにはこうやって対処しよう

トイレは必ずどこかで詰まると心得ておくべき

昨今はトイレの改良が進んだことで、トイレ詰まりとはだんだんと疎遠になってきています。中には一度もトイレ詰まりに遭遇したことが無いという、幸運な人がいるかもしれません。そうではなくとも、生涯でトイレ詰まりを数度しか経験したことがないため、実際にトイレが詰まってしまったらどうして良いのかわからないという人もいるかもしれません。しかし、だからと言ってこれからトイレ詰まりに遭わないことが保証されているわけでもありません。その原因について知った上で、どのように対処すれば良いのかをしっかりと把握しておきましょう。

トイレは一般的にこのようにして詰まる

トイレの詰まりは一般的に、便器から伸びる排水路で起こります。便器の構造上想定されている分量以上の汚物やトイレットペーパー、もしくは水に溶けない異物を流すと、この排水路にたまって留まってしまいます。これに水流による圧力がかかることで、踏み固められた地面ように硬い塊となって排水路を塞いでしまいます。これがトイレ詰まりを惹き起こすのです。これを解消するためには、塊にかかる圧力を無くして水が通るようにしなければなりません。そこで使用されるのが、ラバーカップであったり高圧洗浄機といった機器です。

便器に水がチョロチョロもトイレ詰まりの原因

便器の汚物やトイレットペーパーは水流によって勢いが付けられて、曲がりくねった便器の中の排水路で押し出されて下水道に流れていきます。この水流が足りないと、先に述べた排水路内の詰まりが起こりやすくなり、トイレ詰まりを誘発します。便器に流れる水が足りない原因については、いくつかの原因が考えられますが、自分で手を加えていない限りは一般的に水を供給するパイプに何らかの問題が生じていると考えられます。パイプの接続部分からの水漏れならばボルトを締めることなどで対処できる場合もありますが、問題箇所が特定できない水漏れなどが起こったら業者を呼んで修理してもらうのが妥当でしょう。

水道修理は日中に故障してしまった場合は、顔なじみの地元業者に頼むと安心して仕事を依頼できるでしょう。