Success In Business

蓄電池と太陽光発電はセットで考えてこそメリットがある

電気が使えなくなる緊急事態には

蓄電池と太陽光発電をセットで購入設置すべきかどうかという問題は多くの方が悩むところではないでしょうか。太陽光発電システムを導入した場合、電気を売ることが出来るのでいくらかの収入を期待してみるのも良いでしょう。売れるものは勿論売ったほうが良いとも思いますが、蓄電池を合わせて購入した場合には売電といったものの他にもいくつかのメリットがついてくると言って良いでしょう。例えば停電の時に太陽光発電で貯めた電気を使うことも可能です。

災害はいつ起こるか分からない

災害による停電では電力会社の修理を待たなければなりません。どんな時でも使える電気としては蓄電池に貯めた電気があります。蓄電池に貯めた電気は災害時に電気が止まってもエアコンを使用出来ます。炊飯器や電気ポットだって普段と同じように使えるのです。一番使いたいものは冷蔵庫ではないでしょうか。冷蔵庫には私たちの何日分かの食料が確保されているはずですし、太陽光発電はメリット以上に私たちの命を左右するものとして考えることが出来るのです。

情報を得るにも電気が必要

何万人もの人が日々インターネットで情報収集をしている時代です。いざという時に必要なのはインターネットが出来るパソコンですが、そのパソコンすら電気がなければ充電も出来なくなります。携帯電話やスマートフォンも電気がなければいずれ使えなくなってしまいます。私たちが住む地球では常に異変は起こり得ます。太陽光発電のみの設置ではなく蓄電池をセットに考えた設置というもののメリットをあらかじめ知っておけばその必要性を十分認識することが出来るでしょう。

太陽光発電の価格は、太陽電池モジュール×設置枚数で計算し、工事費がかかりますが、国や地方自治体の補助金があります。