Success In Business

データを転送したいときはどうする?簡単なデータ転送方法

ファイルが小さいなら、メール添付という方法が便利

仕事で作成したデータを転送するときや、趣味で作ったデータを転送したい時などは、そのデータサイズが小さければメール添付という方法が便利です。巨大なデータは添付することが出来ませんが、1~10Mバイト程度のファイルであれば、最近のメールソフトでは問題なく貼り付けて転送することが出来ます。テキストファイルや画像ファイル等を相手に送って見てもらいたい場合はそのメール添付を利用してデータを転送して見るのも良いですよ。

セキュリティが心配という方は、元のデータを暗号化

また、メールの添付する方法が心配だという方は、転送する時にその送る予定のファイルを暗号化しておけば、より安全になります。暗号化して送れば、万が一間違った転送先に送ってしまったとしても、その暗号化されたファイルを複合する事は出来ません。例えば暗号化したファイルをメール添付で送り、その復号化キーは電話で本人に伝えるなどすれば、一般の人はそのファイルの中身を見ることは出来ないでしょう。セキュリティも工夫をすることで高めることも出来ます。

ウィルス対策なども整っている

そしてデータ転送の時にメールを利用する上でウィルスなどの問題も出てきますが、メールサービスを提供している会社の中には、自動でメールのウィルスチェックをしてくれるものもあります。ですので、もらった相手側がファイルを開く時に、そのようなウィルス感染の心配もしなくて良くなります。ですので、安心してメールを送ったり受け取ったりすることが出来ます。サイズの小さいデータファイルを転送したいときには、メールも活用して行きましょう。

GigaFile便は会員登録不要でPDF写真動画等1度に2Gという大容量ファイルの送信できるので便利です