Success In Business

収納場所に困ったら利用!貸し倉庫の様々な使い方と注意点

長期の転勤等での一時的な収納場所として

貸し倉庫はとても便利な存在です。会社で働いていたら、転勤や出張等もしなければなりません。短期間ならば良いのですが、長期になると問題が出てきます。賃貸物件に住んでいる場合、そのまま契約をするとなると、出張や転勤をしている期間も家賃を支払わなければなりません。その場合、金銭的に大きな負担となります。だから多くの場合、契約の解除となるのですが、荷物の処分はどうすれば良いのでしょう。そんな場合、貸し倉庫を借りて収納する事が出来ます。金銭的な負担は家賃を支払うよりも安いです。

何でも収納出来る訳ではありません

しかし貸し倉庫は何でもかんでも収納出来る訳ではありません。業者によっても異なるのですが、基本的には人に迷惑をかけるような物は収納出来ないです。例えば石油ストーブがあります。この中にまだ灯油等が入っていたらかなり危険です。そのためきちんと抜いておかなければなりません。さらに、現金や貯金通帳、権利書等貴重品を収納するのは控えた方が良いです。さらにナマモノ等、食べ物についてもダメな事が多いので注意しましょう。

会社でも大いに活用しましょう

貸し倉庫は個人だけで利用されている訳では無いです。企業も大いに活用をしています。例えば会社では備品も多く出ますが、収納場所がなかなか無いケースもあるのです。部屋を倉庫にするとそれだけ、使えるスペースが無くなります。業務をスムーズにしたいならば、出来るだけ使えるスペースは確保しておきたい物です。そんな時に、貸し倉庫を利用すると良いかもしれません。会社の備品を収容する事が出来ます。これで会社のスペースの確保が出来るのです。

物流とはトラックでの配送業務だけではありません。集荷や倉庫内での仕分け作業、伝票の打ち込みや配送手続き等の事務作業も含みます。